« JACKSON KAYAK ~FUN1.5~ | トップページ | 渓流竿 »

ピザ窯

半年程かけて、庭にピザ窯を作りました。

Dsc_0710

庭の一角に杉材で囲いを作り、下地を慣らした後で砕石を入れて転圧。

Dsc_0711

コンクリ買ってきてなんとかコテで慣らす。
これが初めてやるには難しい。作るのがピザ窯だから、そんなにレベル(水平)には神経質にならなくても構わないけど、後々の誤差に苦労しそう。

Dsc_0749

基礎を数日乾燥させて、ブロックの作業にとりかかります。
鉄筋の曲げ方や、結束線の使い方をここで知りますが、段々とモルタルを練ることにも慣れてきて、改めて基礎からやり直したくなりました。

鉄筋の入るとこは、ディスクグラインダにダイヤモンドカッター付けてブロックを削っています。
Dsc_0915

ブロックを三段積んで、更に土台分積みます。

Dsc_0950

ここから耐火レンガで組み始めます。繋ぎは耐火モルタルを使用しますが、これが普通のモルタルと違ってバサバサして、なかなかレンガに馴染んでくれません。
火床と壁を立ち上げます。

Dsc_0973

壁まで積み上げたら、今度は天井部分。この窯は蒲鉾型にしますので、半円の形に木材をカットし。レンガを上手く組みながら隙間に耐火モルタルを入れ込んでいきます。
Dsc_0981

二列目まで組みました。

Dsc_1012

三列目。

ここまで終われば、もう完成したも同然。

焼き床はネットで耐火タイル買って、リプレーサブルにしました。

ピザ専用窯にしてしまうと、飽きたら無駄になってしまうので、ダッチオーブンが入り、かつタイルを外せば網を入れてBBQができます。

Dsc_1235

数日乾燥させて、ゆっくりと火入れをしながらピザを焼いてみました。コンパネで簡易扉作って、窯温度を上昇させましたが、煤切れもおきましたし、なにより美味しく焼けたので良かったです。

Dsc_1290

後日、友人にオーダーして鉄板で扉を作ってもらいました。

温度計も買ったので、取り付けと、窯用の屋根の制作がとりあえずの目標です。


|

« JACKSON KAYAK ~FUN1.5~ | トップページ | 渓流竿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518611/62426441

この記事へのトラックバック一覧です: ピザ窯:

« JACKSON KAYAK ~FUN1.5~ | トップページ | 渓流竿 »