« 矢竹沢 | トップページ | Gingko nut »

WILD BOAR SKULL

隣家の釣りの師匠は猟師でもあり、たまに鹿肉や猪肉をくれるのだが、
その時に可能であれば頭骨が欲しいと言っていたら、忘れずにいてくれて、
先日、鹿と猪の生首をくれた。
何の前触れもなくくれたもんだから、ちょっと戸惑ったが、解体にチャレンジしてみた。

Dsc_2194a

頭部だけで10kgあった。おそらく100kg超の個体だそう。
そもそも近くで猪の顔を見ること自体が初めて。

Dsc_2198a

皮と骨の間にナイフを入れながら剥がしていく。
なるべく目を合わせないように。(笑)

Dsc_2195a

顎と頬に赤身が良い具合に付いている。

Dsc_2201a

なんとか剥がし終える。
皮に傷を付けずに剥がすことを意識したので、そこそこ形を保てた。
作業するまえは皮をなめしてみようかと思ったが、あまりにも肉が残ったので心が折れた。
廃棄します。

先に作業したオス鹿の頭部は近くの沢に沈めましたが、猪は立派なので庭に埋めるか、別の手段でスカルにしてみようかと思います。
煮込みたいのですが、この大きさが入る器がみあたりません。一斗缶でも探すかな。

|

« 矢竹沢 | トップページ | Gingko nut »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518611/72358627

この記事へのトラックバック一覧です: WILD BOAR SKULL:

« 矢竹沢 | トップページ | Gingko nut »