小ネタ

RSTサスペンション破断事故

ネタとしては古いですが、最近ちょっと気になることがあったので上げてみます。

2008年にビアンキのクロスバイクで起こった、サスペンションの破損事故。

(車体自体は2002年にインターネットで購入)

Bianchi RST製サスペンション破断 1/2 投稿者 naked_ninja

Bianchi RST製サスペンション破断 2/2 投稿者 naked_ninja

っつーか、RSTのサスペンションなんて、安めのMTB等に沢山付いているから、ビアンキだけの問題では無いんじゃない?と思っていたら、やっぱりGTの代理店であるライトウェイプロダクツジャパンも「お知らせ」を出していましたね。

【重要なお知らせ】RSTサスペンションについて

対象車種が1997年のアグレッサーから2003年のアバランチェ3.0までとても広範囲。
これはもちろん、同じサスペンションではなく、同様な構造のサスペンションがインストールされているということ。

アグレッサーやティンバーラインなんかは、当時メーカー期末セールで、安く売られていたのを沢山眼にしましたから、10年くらい前にMTBやクロスバイクを購入した人はチェックしてみるといいかもしれません。
ただし、該当車体だとしても、保証期間外なので有償対応になりますが。

また、余談ですが、2001年にはROCK SHOXでもJETTやJUDY TTと言ったグレードのリコールが起きていました。内容はRSTと同じ様なアウターレッグの脱落だったと記憶しています。

当時はスペシャライズドなどのブランドが積極的にロック・ショックスを採用していましたが、アップグレードキットへの無償交換で対応していました。
アップグレード品はアウターレッグ下部のボルトがゴールドになっているはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

UCO~STORMPROOF MATCH

ORショー2010サマーマーケットで紹介されていたUCOのストームプルーフマッチ。

砂をかけたり、踏んだり、水に入れても消えないマッチらしいです。

ガソリンストーブの人はもちろん、キャニスターストーブにイグナイターが付いていても、ライターはみなさん持ち歩いていると思うんですが、厳冬期などライターのガスの気化が追いつかない状況ではこのマッチは相当有効ではないでしょうか。

ほかに動画を探すと、UCOのほかにREIブランドのものもあるようです。OEMでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MTB PARTS

ネット上をウロウロしていたら、こんな物を見つけました。

Hydro_jaylo

これはバイクショーか何かに出展している状態の画像なので、カットモデルですが、ご覧の通り、ハイドローリックディスクブレーキをジャイロ化するヘッドパーツです。

Trixer

別のメーカーからも出ています。
これは構成パーツ的に、一度ヘッドパーツの上ワンを外さないとならなそうですね。

先日購入したTAIOGAのフリースタイル・スターファングルナットと合わせて使用すれば、前後ブレーキ搭載のまま、バースピンができますな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)